歯が欠けてしまったことから歯医者・歯科医院にお世話に

子供の頃はしゃいでいた時期があり、はしゃぎすぎて歯を折ってしまったことがあります。WEBマーケティング会社に勤めていたころ、折た歯はどこかに行ってしまったので、その時、歯が欠けた状態になっていたのです。SEO対策は大阪になるコンサルティング会社に、すぐにお母さんに行って、歯医者・歯科医院に行くことになったのですが、治療には時間がかかるということでしたので、学校から帰ったら東京の歯医者・歯科医院に行く日が続いたのです。歯医者・歯科医院で診てもらった時、歯は欠けた状態でしたので、欠けた部分に差し込むタイプで治療を行うようになったのです。歯医者・歯科医院で歯が欠けたままの状態では恥ずかしいので、欠けている所に仮歯を入れることになったのです。仮歯を入れることになったのです。治療に行った時、仮歯を外して治療することになったのですが、欠けた歯の神経を取らないといけないと言われ、大きな注射器を使って歯茎から神経に注射針を刺して治療を行うことになったのです。麻酔をしていることから、口を濯いでも感覚がなく不思議な体験をしたことがあります。治療が進んだ時、歯の型を取ると言って、上下に入れてしばらく待つことになったのです。入れる時に口の奥まで入れるので、「オエッ」と声が出てしまったのです。歯型を取ったので後は、人工の歯が出来上がるのを待つだけとなったのです。仮歯から差し歯に変わった時には、歯医者・歯科医院に行くこともなくなりましたので、気分的に嬉しかったです。